vol.033 Special Sunrise

暗闇の町はまだ眠っている。
今、生まれたての若い光たちが、チラチラと顔を出し始める。
ずっと向こうの、東の地平線から、お陽さまがズンズンと顔を出す。

さあ、新しい日のカーテンの幕引きが始まるぞ!

潮風にきざまれた漁師の手が、ぐいっと船の舵を握り締める。
町の岬の、たったひとつの港から、小さな独航船の船出が始まります。

人々の暮らしの始まりは、いつも海から……岬から……

そんな風景をただ見るために、海辺の町へ車を走らせます。

毎日の暮らしにふと疲れ、心がブルーになった時、昇る朝日を追いかけに行きませんか?

海辺の町の、あなただけの特別席。
上映開始は、光たちがチラチラと顔を出し始めた時から……。

一杯のコーヒーを飲みながらお待ちください。

バックグランドミュージックは、心地よい潮風のリズム。
上演のタイトルは、「Special Sunrise」
おっと…タイトルはあなたが決めてください。

いらっしゃいませ。
海辺の岬は、いつでも、夜明け前からスペシャルシートをご用意しております。

上映が終了する頃には、きっと若い光たちや潮騒のリズムが伝えてくれるはずです。
あなたとの町と、人々のなつかしさを……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA